【個人アカウント】面談実施の流れ

面談実施の大まかな流れ

1.面談場所で求職者の到着まで待機

面談予定場所にて、応募者の到着をお待ちください。早めに到着される方もいるので、10~20分前に到着しているのが好ましいです。

また、チェックイン作業があるので、遅くとも5分前には面談場所に着くようご調整をお願い致します。

2.チェックイン


面談を開始する前に、「Taimee」というワークシェアリングサービスの管理画面上にてチェックイン処理を行います。勤務開始時刻になった段階で応募者にチェックイン用のQRコードを読み込むよう促してください。

求職者が早く到着してしまった場合、遅刻した場合は、【4.チェックアウト・勤怠修正】にて調整を行います。

3.面談実施

チェックイン作業が済みましたら、面談開始となります。面談用のヒアリングシートがございますので、そちらを元に情報を埋めていっていただけたらと存じます。

面談用のヒアリングシートは、別途共有致します。内容については、実際に進めていただく中で改善案など気軽にご意見いただけたら幸いです。

面談の目標としては、実際に求人を提示する「転職面談に繋げること」となります。面談の際は、求職者様の就職意識・必要性・緊急性を明確化し、転職面談にお繋ぎいただけたらと存じます。

転職面談への誘導の際、面談意思のある方にイレブンの公式LINEアカウントへのご登録を促すようお願い致します。

4.チェックアウト・勤怠修正


面談が終了しましたら、「Taimee」管理画面よりチェックアウト処理を行います。この時、予定していた勤務時間を前後していた場合、勤怠修正の処理が必要となります。

修正修正


修正依頼は、応募者の端末から申請を行い、その申請を受理することで勤怠修正が完了します。なので、勤務時間の修正が必要な場合は、応募者にその旨をお伝えください。

修正依頼は、確認・承認までお願い致します。

チェックアウト・勤怠修正が完了しましたら、面談も完了となります。基本的には、予定している時間内で2~4の手続きを終えるようにします。

5.応募者の評価


「Taimee」の管理画面より応募者の評価を求められます。特にコメントを書く必要はないので、GoodボタンまたはBadボタンを押して、応募者の評価を完了してください。

6.完了報告

当日の面談が完了しましたら、ヒアリングシートと推薦文を所定の方法で弊社にご送付ください。逐一の報告は不要ですが、1日の面談終わり後にまとめてご報告いただけますと幸いです。(遅くとも3日以内にはご提出をお願い致します)

その他

ご希望日時での面談実施が困難となった場合

ご希望日時を提案後、面談実施が困難となりましたら、まずは早急に応募者の方にご連絡ください。多少の時間調整で面談実施が可能な場合は、個別に連絡して時間を調整してもらえる可能性があります。

面談の設定が完了してしまっていた場合のキャンセルは、弊社にペナルティが発生するのでご注意ください。面談の募集開始後のキャンセルはなるべくないようお願い致します。

また、面談のキャンセルが必要な場合は、応募者へのご連絡とは別に「Taimee」の運営元にお問い合わせが必要となります。(応募者の電話番号を知っているのはサービス運営元のみであり、連絡をしないと応募者は勤務地に訪れてしまう可能性もあるので、早めに運営元に問い合わせてください。)

緊急時「Taimee」お問い合わせ電話番号:03-3830-0473
*サービス管理画面上のお問い合わせメニューから、LINEでの問い合わせも可能です。

面談希望者のドタキャンの定義とドタキャン時の対応について

面談の応募が確定していたものの事前キャンセルが発生することがあります。そのうち、下記条件に当てはまった場合をドタキャンと見なし、予め書面でお伝えした業務処理を行います。

  • 面談確定通知を送付済み
  • 面談開始予定時刻の1時間前になっても連絡がない
  • 面談予定時間内に求職者が面談に来ない

事前キャンセルが発生した場合

事前キャンセルのうち、ドタキャンに当てはまらない場合(1時間以上前にキャンセル通知が届いた場合)、面談の予定をキャンセルさせていただきます。

1時間以上前の面談キャンセルの際は、事前キャンセルとして予め書面でお伝えした業務処理を行います。

募集が埋まらなかった場合

希望日程に対し、応募が埋まらない場合があります。この場合は、面談予定をキャンセルする形で対応させていただきます。

面談時間が予定よりもオーバーしてしまった場合

【面談実施の流れ:4.チェックアウト・勤怠修正】にある通り、勤怠修正にて勤務時間を調整してください。

面談予定時刻を過ぎた場合、イレブン負担で応募者に自動で報酬金額が加算されます。なので、なるべく面談時間は1時間に収める形での進行をお願い致します。

面談時間が予定終了時刻よりも早く終わってしまった場合

この場合は、面談を1時間行ったものとして、応募者に勤怠修正を行うよう促してください。もともと1時間の面談であると求職者様にもお伝えしてあるためです。

ただし、募集対象外の方からの応募などは、これに当てはまりません。

応募者が遅刻してしまった場合

応募者が遅刻してしまった場合は、面談時間を1時間未満にして処理してしまって構いません。遅刻が面談時間が短くなった直接的な要因であることと、次の予定に影響を与えてしまうからです。

ただし、面談実施者の予定が詰まっていないようでしたら、1時間の面談時間を取ってしまっても問題ありません。ご都合に応じて柔軟にご対応いただけたらと思います。

その他ご不明点等あった場合

その他ご不明点等ありましたら、イレブンの人間に気軽にお問い合わせくださいませ。連絡手段は、LINEで構いません。